読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kanami’s blog

21歳の自分が思うことを綴っていく日記の様な自己啓発系ブログです。

与えられる幸せ

 f:id:kanami19960214:20170221021957j:image

 

人にしてあげることがあたかも損の様に思っていた昔、

 

自分のことだけしか考えていませんでした。

 

自分が一番、自分さえ良ければ、自分が自分が…と

本当に自己中心的な考えでした。

だけど感じるのは欠乏感や、淋しさ。

 

しかし今の自分は与えられて与えられて

出来ているのだということに気が付きます。

 

今こうして生きられているのも

たくさんの人のお陰様なんです。

 

このことに気づいた時に

私は与えられる人間になりました。

 

与えられることが当たり前じゃないから、

その当たり前に感謝できた時に

自分も与えられる立場から与える立場に変わった。

 

そして与えた分の幸せの波動は

巡り巡ってまた自分に返ってくる、

ということも知りました。

 

自分の為に使うお金は自分しか喜ばない。

でも、相手の為に使ったお金は

自分も相手も嬉しい。

 

だから私は自分の為はもちろんですが

人の為にもお金を使い、行動する人間になりました。

 

大好きな人にはプレゼントをします、ご飯をご馳走します。

 

毎月わずかですが、貧しい国の子供達の為に募金をします。

 

環境の為、地元の素晴らしい農家さんがこれからも美味しい野菜を作り続けて欲しいという思いで、地産地消の食品を買う様にしてます。

 

これからも人の為に楽しくお金を使える方法を探していきます♪ 

1日を一生だと思って生きる

f:id:kanami19960214:20170220095848j:image

2/14で21歳になりました。

今まで年齢を聞かれると"20歳"ではなく"ハタチ!☆"と答えてましたが、

それを卒業すると思うと少し寂しいような気もしますが…

 

また無事21年間生きれた事に毎年のことながら感謝します。

 

そして昨日は私にとって嬉しい出来事がたくさんありました。

 

朝は母と妹と朝食を共にしました。

きっと四年ぶりのことだと思います。

 

ランチにと、私の好きなステーキを買ってきてくれて

見覚えある蓮根のお菜も用意してくれてました。

 

好みを覚えていてくれたことへの喜び!

なんだか子供に戻った気分。

 

自分の食の好みを1番よく知っているのは他の誰でもなく母親だと思います。

話さなくても分かっている安心感は本当に大きい。

その他も本当に私のことを心から受け入れてくれるような愛情を感じました。

 

何があったとしても、母親というのは誰にとっても唯一無二の存在ですね。

 

あの時に全力で謝ってよかった、と心から思います。

 

"いつ何があるかわからない、

明日もしかしたら死ぬかもしれない。

むしろ今の瞬間にもありえる事だ。

だからやりたいことがあるなら後悔しないように!"と

言ってくれた彼のお陰でこんな状況を作りだせました。

 

今日一日を自分の一生の最後の日だと思って、大切に精一杯、一日を生きる。

 

言葉だけではなく、実際にそう思いながら行動すると必然と結果も変わってくる。

 

後悔しないように生きないと!